Home > よくある質問 > 高音の途中から最高音部にかけて音が止まらない

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

高音の途中から最高音部にかけて音が止まらない

ピアノの鍵盤を離したり、右のペダル(ダンパーペダル)を戻すと音が止まりますね。これはダンパーという装置が、弦を押さえてくれているからです。鍵盤を下ろしている間やダンパーペダルを踏んでいる間、ダンパーは弦から離れる仕組みになっている為、弦が解放され音が伸びる訳です。さてこのダンパーは最低音部から高音部の途中までしかついていません。一般的なピアノはすべてこのようになっています。高音は音の減衰が早いため、そもそもダンパーの必要性があまりないのと、仮に最高音部にダンパーをつけたとしたら、音の華やかさが失われてしまいます。その為、最高音部の音は若干余韻が残るのですが、故障ではありません。ダンパーが高音のどの位置からついていないかは、メーカーや機種により多少違ったりもしますが、概ね似たような場所が切れ目となっています。69key(F)周辺をダンパーの切れ目としているケースが多いですが、66Key(D)がダンパーの切れ目となっているピアノもあります。逆にスタインウェイの K では73key(A )までダンパーが付いていたりします。

ピアノのダンパーの切れ目

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 高音の途中から最高音部にかけて音が止まらない