Home > よくある質問 > 音色がキンキンしますが調律で柔らかくなりますか?

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

音色がキンキンしますが調律で柔らかくなりますか?

なります。調律作業の中の「整音」作業が関係します。弦を叩くハンマーフェルトという部分が、長期間の使用により硬くなっているかもしれません。また長年湿気を吸わせてしまったり、好ましく無い環境下にあったフェルト類は、ガビガビに硬くなっていたりします。「整音(せいおん)」という作業で改善されますので、調律の際にご相談ください。

ハンマーフェルトは、ピアノ購入時から年月を重ねるごとに堅くなってしまう為、音色も少しずつ変わってきてしまいます。ハンマーが何度も弦と接触することで、このような状態へと変化します。また、出荷時に充分な整音がされていないピアノも見受けられます。購入してから数十年、一度も整音をしていないピアノも少なくありません。これらのピアノの大半は、「美しいピアノの音色」とは程遠い、トンカチで弦を叩いているような音を奏でます...例えるなら、J-○○○等とカテゴライズされるような方々が、咽を締め付けて唄っているような状態です。しかし急にこのような音色になれば誰でも気付く訳ですが、長い時間をかけて少しずつ変化していきますので、ピアノは「木の音」のする楽器と言われたりします。様々な書物でピアノの音色を文字で表現しておりますが、ピアノの音を文字にした場合「ポーン」が大半でしょうか。決して「キーン」では無いです。「キーン」がデフォルトのピアノであれば、それで問題ありませんが「ポーン」「コーン」がデフォルトのピアノであれば、元通りの発声が出来るようにしてあげるのが良いと思うのです。適正な整音作業を施したピアノは、ピアノが本来持っている良い音色、すなわち「木の音」を奏でてくれます。お腹から発声させる訳です。御使用のピアノの音がキンキンと耳が痛くなるようなうるさい音になっている場合は、一度調律師さんに整音を依頼してみると良いでしょう。

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 音色がキンキンしますが調律で柔らかくなりますか?