Home > よくある質問 > ピアノの調子が悪いが中古を買ったからしょうがない?

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

ピアノの調子が悪いが中古を買ったからしょうがない?

もうダメなんて事はまずありません。むしろ古いピアノのほうが、木やフェルトなどの材質が、最近のピアノより上質だったりする為、少しの調整で見違えるような音のピアノになる事がありますし、最近のピアノより暖かみのある「木の音」のするピアノが少なくありません。

世界的にも、年々ピアノの品質が低下していることが懸念されています。良質の木材の確保が困難になりつつあることや、コストダウン、製造技術の低下など、様々な要因が重なっているようです。家電製品などは、新しいもののほうが快適で性能もあがり、消費電力も少なく等々、快適になる傾向がありますが、楽器(アコースティック楽器)においては新しいものが必ずしも良いものであるとは言えないのです。その為、古いピアノを修理・再生(完璧なオーバーホール)して、再度息を吹き込み蘇らせるという動きが少しずつ増えてきています。何故なら下手な新品よりも、古いピアノのほうが良い音色のピアノになってしまう事が少なからずあるからです。

もしあなたの家に埃をかぶって使わないピアノがあるなら、邪魔だから処分しようなんて思わないで下さい。古いピアノはむしろ良いピアノである可能性があるのです。

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > ピアノの調子が悪いが中古を買ったからしょうがない?