Home > よくある質問 > 新品のピアノを購入したのに、すぐに調律が狂います

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

新品のピアノを購入したのに、すぐに調律が狂います

真新しいピアノ、外装も奇麗で気持ちのいいものですね。新品なのにすぐに調律が狂うなんておかしいというお気持ちは分かりますが、実は納品したての新品ピアノは、ものすごく調律が狂いやすいものなのです。調律が狂いやすい理由は、新品のピアノに張られている「弦」が、まだ新しいものである為、張力により伸びてしまうのです。工場から出荷される前に幾度かの調律がされたり、メーカーによっては自動打鍵機にかける等された後出荷されますが、それでも新しい弦にとっては十分とは言えず、納品後しばらくは、短いスパンでの調律が必要になるものなのです。

これまで多くの新品ピアノを見て参りましたが、調律が安定するのに早いもので2~3年、長いものになりますと、4~5年かかる場合もあります。メーカーによる違いや個体差もありますので、一概に何年の間にどれぐらいの頻度でやれば必ず調律が安定するということは言えません。それでも、根気よく短い期間(初期は3ヶ月なり、その後半年ペース等)での調律を繰り返し行うことで、次第に調律が安定してきますので、定期的な調律を続けていくことが肝心です。

新品ピアノの調律頻度は、状態の経過を見ながら、またピアノをご使用になる方の要求する許容範囲と照して、調律師さんと相談しながら調整していくと良いでしょう。

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 新品のピアノを購入したのに、すぐに調律が狂います