Home > よくある質問 > ピアノがパサパサした音色になってしまいました

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

ピアノがパサパサした音色になってしまいました

長年の使用と経年変化で、ハンマーの溝(通称「弦溝」)のきわ部分で弦を叩くとこのような音色になります。通常、ハンマーはいつも同じ場所で弦を叩きますが、ピアノを設置している湿度環境が悪いと(または環境は良くても長年の使用により)少しずつハンマーの打弦位置に左右のずれが出てしまう場合があります。この際、わずかに左右どちらかにずれてしまっていると、弦の溝部分でもなく、溝から完全に外れた部分でもない、ちょうど弦溝の谷間で弦を叩くような状態となってしまい、かすれたような音を出すピアノとなります。

いつも定期的に調律しているのに何故?と思う方がいるかもしれません。まずピアノは「木」で出来ているということを思い出してください。「木」ですから、少しずつ反ったり、曲がってきたりするのは自然な事なのです。その為、定期調律の際は、「調律(チューニング)」だけ行うのでは無く、「整調」「整音」「修理」といった作業を必ず平行して行わないとなりません。毎回、「調律」しかされてこなかったピアノでは、このような状態となってしまう事が起こり得るのです。

この状態を修正するには、まず主な原因であるハンマー先端の「溝」を取り去らなければなりませんので、ファイリングという作業で、ハンマーフェルトをひと剥きしてあげます。
(「1枚剥く」と言ったりします)これにより新品時のハンマーと同じ、先端部がまっさらな理想的な状態となります。ファイリングしたままのハンマーは音色が乱れておりますので、併せてその他「整音」作業も行います。さらに、ハンマーの左右中心で弦を打つよう、ハンマー間隔の見直し、その他整調の見直し等を、細かく調整してあげると、無事ピアノ本来の音色にもどります。

ハンマーファイリング前と後

ピアノは「木」で出来ています。少しずつ状態は変化していきますので、定期調律の際は、調律だけではなく「整調」「整音」「修理」を行うことが、ピアノの状態を維持する上で大変重要です。

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > ピアノがパサパサした音色になってしまいました