Home > ピアノ調律料金

ピアノ調律料金について

長年、調律していないピアノや、どんなに古いピアノでも調律・修理承ります。
軽度の整調・整音の乱れは、調律基本料金内で作業しておりますが、整調・整音の乱れが大きい場合や各種修理は別途費用が掛かります。
調律以外に、別途費用の掛かる修理(張弦やセンターピン交換等々)が必要な場合は、先に状況と費用をお客様にお伝えし、お客様の承諾を頂いてから修理作業にはいります。
アクション等の修理、ハンマーファイリング等々、各種修理・調整承っておりますのでお気軽にご相談ください。
※追加(割増)料金は目安としてください。実際に調律料金が決まる要素としましては、不公平の無いよう ピッチの低下具合を優先いたします。
※東京・横浜(神奈川)・千葉・埼玉のお客様は原則として出張費無料です。一部の遠方地域は高速料金等が別途かかる場合がございます。

ピアノ調律料金に関する補足
出張エリア
関連リンク : 調律に来てもらう際に準備しておく事はありますか?
関連リンク : 調律の作業時間はどのくらいかかりますか?

調律基本料金

ピアノの種類 料金
アップライトピアノ ¥13,000
グランドピアノ ¥15,000

※調律基本料金は1年以内での定期調律をされている方が対象です。

追加料金の目安

前回の調律が 基本料金にプラスされる料金の目安
2〜5年前 プラス¥1,000~5,000
5〜10年前 プラス¥6,000~13,000
10年以上前 プラス¥15,000~

作業中のピアノ調律師、渡辺

張弦

弦の種類 料金
芯線(高音) 一掛け¥3,000
芯線(中音) 一掛け¥4,000
巻線(シングル) 1本¥9,000
巻線(ダブル) 1本¥10,000〜

「芯線」は中音から高音に使用されているタイプの弦です。
芯線は巻物で持ち歩いておりますので、出先ですぐに張る事が出来ます。
「巻線」は低音部に使用されている銅線が巻いてある弦です。
巻線は切れた弦を元に、1本ごとオーダーで制作となります。
※上記の張弦費用は、国産の弦使用で調律訪問時に作業した場合のプライスになります。

お申し込みの際に

お申し込みフォームからの御依頼には、通常24時間以内にメールで返信いたします。こちらからの返信メールが届かない場合は、再度送信頂くか、お手数ですがお電話にてお問合せください。またメールアドレスの入力ミスが非常に多いです。アドレスに間違いがあると、こちらから返信することが出来ませんので正確に入れてください。Eメールでのご依頼は info@piano-tokyo.jp までお気軽にお問合せください。Eメールを送って頂く際はパソコンのアカウントを推奨します。ケータイキャリアのアカウントは極力ご遠慮願います m( _ _ )m
スマホ、タブレット、ガラケーから
ケータイキャリアのアカウントでメールを送られた場合
皆様からのメールはこちらへ届きますが
こちらからのご返信が届かない場合がございます。
リタ―ンメールにもならないので
こちらでは送信不可の事実すら確認出来ません。
ケータイキャリアのメールアドレスの方は、
[info@piano-tokyo.jp]からのメールが確実に受信できるように
必ず[指定受信]をご設定ください

スマホ、タブレットをご利用の方は、Gmail,Yahooメール等の
フリーメールアカウントで構いませんので、
PCアカウントで送って頂けますようお願い申し上げます。

タッチレール
グランドピアノの重たい鍵盤を軽く出来る
タッチレールの取付け、承ります。

ダンプチェイサー ピアノ防湿器

ダンプチェイサー DAMPP-CHASER

  料金
ダンプチェイサー(本体) ¥19,000
取付費用 ¥4,000
1台¥23,000

ダンプチェイサーピアノ防湿器は、ピアノ専用の除湿器です。ピアノの湿気対策に効果抜群で、お客様の手を煩わせる事無く湿度の管理を自動で行い、通年お客様のピアノを快適な状態に保ってくれます。主な効果は、「調律が安定する」ことと、ピアノの寿命を延ばしてくれることです。調律が狂いやすいピアノや湿気の多い環境のピアノ等への取付をお勧めします。

ダンプチェイサーに関して詳しくはこちらへ

グランフィール
(アップライトにグランドのタッチや響きを実現可能に!)

グランフィール Granfeel

  料金
グランフィール ¥216,000より

グランフィールの特徴

今お持ちのアップライトピアノに取付けることで...

  • グランドと同じように、鍵盤を完全に戻さなくても次の音が出せるようになるので、トリルや連打が格段にし易くなる。
  • 連打がグランド並の秒間13回程度可能に(通常アップライトは7回/秒くらい)
  • アップライトでは大きい音でしか連打やトリルが出来ないが、小さい音で連打出来るようになる。
  • ダイナミックレンジ(音量の幅)が広がり、表現力が上がる。
  • 高次倍音が増し、今よりピアノの響きが良くなる。
  • グランドと同じように鍵盤が指に吸い付くような動きになる。
  • 上記特徴(グランドピアノの弾き心地、キータッチ)によりピアノを弾くのが楽しくなる!


※ほとんどのアップライトピアノに取付け出来ますが、一部取付け出来ないピアノもあります。
※バット加工が必要な商品の特性上、バットスキンの消耗が激しい場合や、バットスキンに質の悪い革が使われているピアノの場合、バットスキン交換費用が別途掛かる場合があります。

グランフィールに関して詳しくはこちらへ。

ピアノ調律料金に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ調律料金