Home > ピアノ用語集 B

ピアノ調律に関する用語集

A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z  

Backcheck(バックチェック)

バックチェック
打弦して戻ってきたハンマーを正しい位置で捉え、ハンマーのリバウンドを防止するパーツ。 グランドピアノではキー後部の上に植えられており、アップライトピアノでは、ウィペンの手前端に植えられている。接触面は、グランドでは革を、アップライトではフェルトを使っている。

Balance pin(バランスピン)

バランスピン
鍵盤の中央付近にある支点のピン。公園にあるシーソーの中央部の役目とでも言えばその役割が想像出来るでしょうか?ちなみにこのピンに鍵盤を通す為に鍵盤の中央部に開いている穴は「バランスホール」という。バランスピンとバランスホールの関係は実に微妙なもので、少しでもきつ過ぎると動きが悪くなり最悪スティックぎみに、緩いとカタカタと雑音を招いたりする。

bridle tape(ブライドルテープ、bridle strap)

ブライドルテープ
キャッチャーとブライドルワイヤーを繋ぐテープ。グランドピアノでは、ハンマーは上下の動作となり重力で始点に自然と戻れますが、アップライトピアノのハンマーは水平方向の運動となる為、打弦した後のハンマーアッセンブリーを戻す助けが必要になり、その役割を担っているパーツ。故にアップライトピアノ特有の部品となります。ブライドルテープはウィペンに付いているブライドルワイヤー、すなわちウィペンが元に位置に戻る(降りる)のを利用して、キャッチャー(ハンマーアッセンブリー)を引っ張る格好になります。

Bushing(ブッシング)

ブッシング
センターピンのブッシングクロス
センターピンの周りや鍵盤のバランス・フロント部等に張るクロス。チューニングピン保持のブッシングには、木製のブッシングが使われます。

Butt(バット)

バット
ハンマーシャンクの一端が植わっている部分。アップライトピアノではシャンクの一端を厚い木片(バット)へ嵌め込んで膠着してある。グランドピアノではこの木片を云い、そこにローラーやセンターピンが付いている。Buttとは銃の台尻のこと。

Butt-plate(バットプレート)

バットプレート
アップライトピアノのバットとフレンジを繋ぐセンターピンを固定する為のプレート。かつては、プレートレスでバットとフレンジを直にセンターピンで貫通させるタイプだったが、現代の殆どのアップライトはバットプレートを採用しています。
小型のコンソールピアノ等には今でもバットプレートを省略しているものも多く、これらはメンテナンス時の作業性を悪くします。

調律の出張に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ用語集 B