Home > ピアノ用語集 C

ピアノ調律に関する用語集

A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z  

Capstan(キャプスタン)

キャプスタン
真鍮製のキャプスタン
鍵盤の後部に植わっているボタンの事で、鍵盤とアクションの唯一の接点。グランドピアノ真鍮製、アップライトピアノはワイヤー+木またはプラスチック。小型のアップライトではポストワイヤーが省略され、ボタンが直に植わっていたりします。パイロットと言う事もあります。ロストモーション(から)を直す際に、このキャプスタンボタンを回して調整します。

Catcher(キャッチャー)

キャッチャー
アップライトピアノのバットから、シャンクに対しほぼ直角に出ている木片。ハンマーが打弦後戻ってきた際に、バックチェックと接する部分。表面には皮革が貼ってある。バックストップともいわれる。

Cent(セント)

平均律の半音間を100で割った単位。1オクターブは1200セントになります。1885年、英国のA.J.エリス氏が提唱したとされています。

Center pin(センターピン)

センターピン
アクションの駆動部にある細いピン。人間の各関節にピンが在るようなものというと想像出来るでしょうか?材質は銀や真鍮に、ニッケルメッキを施したモノ。太さは、No.19の1.200mm~No.25の1.500mmまであり、通常使用されるのは、1.257mm~1.3mm。湿気や乾燥でピンを取り巻く部分が少しでもきつくなったり、ゆるくなったりすると、音が出にくくなったり雑音が出たりと障害が発生するケースがある。各フレンジ(ハンマーバット、ジャック、ウィペン、ダンパー)により、センターピンとブッシングとの適正なトルク「きつさ・ゆるさ」は違い、これらをきちんと調整してあげることはアクションの動作(タッチ等)に極めて重要です。
バットフレンジのセンターピン

ジャックとウィペンのセンターピン

Cloth(クロス)

クロス
羊毛を織った布。フェルト同様ピアノアクション各部で使われている。厚さはフレンジ用が0.7mm程、鍵盤用が1mm~1.3mm程。尚、「フェルト」は羊毛を圧縮したもの。ピアノ内部では用途に応じて、フェルトとクロスを使い分けています。

Cristofori(クリストフォリ)

1709年、初めてハンマーアクションを持ったピアノを作った人物。クリストフォリはこの楽器に、「ピアノとフォルテ付きのチェンバロ」と名付け、その後「ピアノフォルテ」、さらに略され「ピアノ」と呼ばれるようになりました。1655年イタリア生まれ。もとはチェンバロ職人。チェンバロでは原則強弱がつけられなかった訳ですが、ピアノでは強弱をつける事が可能となったのが大きな特徴です。

調律の出張に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ用語集 C