Home > ピアノ用語集 G

ピアノ調律に関する用語集

A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z  

Grand piano(グランドピアノ)

グランドピアノ
翼の形をしていることからドイツではフリューゲルと呼ばれたりします。またこの形状が音色を特徴付けている要因でもあります。ピアノはもともと、このグランドの形が先でアップライトは後に誕生します。サイズの大きいグランドピアノは当然弦が長く張れることと、響板の面積も大きく取れますので、音色が豊かで表現力に優れています。コンサートホールで使用されるものは3mくらいあります。その為、グランドというと大きいという先入観をお持ちになる方も多いのですが、実際には各メーカーから、奥行き150cm、160cm前後のサイズより、多数ラインナップがありますので、用途に応じて選択可能です。

最近は趣味で弾く方もグランドを所有される方が増えてきました。アップライトピアノとの違いとして音色の美しさもさることながら「連打がしやすい」「 ソフト(シフト)ペダルの効きが良い」「ダイナミックレンジが広い」等が挙げられます。
関連リンク : グランドピアノ構成部分の名称

Granfeel(グランフィール)

ヒール
アップライトピアノにグラントピアノのタッチと響きを実現する技術
藤井幸光氏が考案し、特許を取得、発明大賞を受賞した画期的な技術。グランドピアノに付いているレペティションやドロップという装備は、アップライトピアノが誕生してからおよそ200年間、ほとんどのアップライトには搭載されてこなかった。グランフィールは一般的な設計のアップライトピアノにレペティションスプリングやドロップスプリングを取付ける事を実現し、これによりグランドピアノに限りなく近いトリルや連打性、ダイナミックレンジの拡大などを再現可能にしている。さらにはグランドピアノのような豊富な倍音を含んだ華やかな響きを出す事も可能に。通常のアップライトピアノにはグランフィール取付キットを用いてレペティションスプリングやドロップスプリングを後付けするグランフィール技術で対応。その他に予めレペティションなどが搭載済みの完成品ピアノ、グランフィールピアノとがある。既に普通のアップライトピアノを所有されている方の場合はいくつかのパーツを後付けすることで手持ちのアップライトをグランド化する事が可能となった。設置スペースや音量の問題、費用面などグランドピアノのタッチや響きを必要としていながらもやむを得ずグランドピアノを諦めていた方々にグランフィールは新たな価値観を提供する。単にパーツを後付けするのみならずアップライトの弱点を解消するような加工や調整までがグランフィール技術でありそのこだわりっぷりは圧巻。
関連リンク : グランフィール

調律の出張に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ用語集 G