ダンプチェイサー ピアノ防湿器

ダンプチェイサー DAMPP-CHASER
ピアノ防湿器ダンプチェイサー(DAMPP-CHASER MADE IN U.S.A)は、ピアノ専用の除湿器です。 響板を湿気から守ることにより調律(チューニング)を安定させます。ダンプチェイサーをピアノに設置しコンセントを入れておくだけで、常にピアノを湿気から守ってくれます。ダンプチェイサーシステムのヒューミディスタット(調節器)が湿気を感知し、ピアノの内部環境をピアノにとって理想的な環境に保つよう作動します。日本では特に梅雨時から夏場にかけてピアノに湿気を吸わせてしまいがちで、冬季は逆に過乾燥ぎみとなる為に、ピアノに使用される「木」や「フェルト」は「湿気を吸う」「乾燥する」を繰り返しダメージを受けてしまいます。また多湿と過乾燥を繰り返す環境下では、調律が安定しない(狂いやすい)状態となります。ダンプチェイサーは、これら湿気によるトラブルを手軽に解消してくれる商品です。ダンプチェイサーは大切なピアノの寿命を延ばし、調律を安定させます。
湿度の変化によるピアノのピッチの徴候チャート表(ダンプチェイサー)

ダンプチェイサーをピアノに取付けることで、以下のようなメリットがあります。

  • 常にピアノの響板が湿気から守られる
  • 響板の膨張・収縮を抑え、調律が安定する
  • キースティック、ハンマースティック等を防止する(アップライトのみ)
  • ピアノの寿命を延ばす
  • 一般的な除湿器やエアコンを使用しての除湿よりも圧倒的に電気代が安い
  • 市販の除湿器のように水捨てをする必要が無い
  • 市販の除湿器やエアコンのような音がしない為うるさくない
  • 響板、駒などの木材を、湿気による膨張・収縮から守り木材の損傷を防止する(アップライトの場合はピン板も守る)
  • 弦やチューニングピン、等金属部分の錆を防止する(アップライトのみ)
  • 湿度調節された空気でカビを防止する
  • ピアノ乾燥剤よりはるかに高い除湿効果がある
  • and more...

ダンプチェイサーをアップライトピアノに設置
ピアノを置いているお部屋ごと除湿が出来ればそれにこしたことはありませんが、全ての人がピアノ中心に生活出来る訳ではありません。また広いリビングや吹き抜けの部屋、古い家屋の一階などでは、エアコンや除湿器による除湿を試みても、除湿が追いつかず湿度がなかなか適湿まで下がらないケースも少なくありません。そういった環境下にあるピアノでも、ダンプチェイサーは、ピアノを湿気から守ることを強力にサポートしてくれます。

ダンプチェイサーの電気代をシミュレートしてみましょう。梅雨時など湿度の非常に高い時期に、仮に一ヶ月、24時間フル稼働したと想定した場合(ダンプチェイサーは25W)、
25W × 24時間 × 30日 × 15円/kWh = 270円
初期投資はかかったとしても、ダンプチェイサーは非常に経済的です。実際には乾いている時には運転しませんので、200円前後と考えて良いでしょう。また冬場の乾燥する季節には運転しない時間が多くなりますので、冬季はさらに電気代が安くすみます。

実際にお使いのピアノが、一度でも湿気によるトラブルに見舞われた方は、多少なりとも「ピアノと湿気」について意識するようになるのですが、スティック等の症状が出ずにそれなりにアクションが動いているピアノの場合、あまり湿度を気にかけない方が多いものです。しかし湿気と乾燥の繰り返しは、確実にピアノを痛めていきます。適湿な環境に置かれてきたピアノとそうでない環境にあったピアノとでは、数十年後に状態がかなり違って参ります。大切にされたピアノは、末長く素晴らしい音色を奏でてくれます。ダンプチェイサーは大切が短命に終わってしまわないよう、ピアノを常に湿気から守ってくれます。

ダンプチェイサーの仕組みは非常にシンプルで、突張り棒のような防湿器が暖くなり、空気の対流を利用してピアノから湿気を追い出すという仕組みです。ダンプチェイサーの防湿器本体は手で触れるくらいの熱さ(表面温度55度程度)で、それ以上熱くなることはなく安全です。ダンプチェイサー防湿器はヒューミッドスタッド(調節器)により ON/OFF が自動的に行われますので、お客様の手を煩わせません。

ダンプチェイサーは響板を湿気から守る装置ですが
アップライトピアノの場合は、ピアノ内部に取付ける格好になるので、副産物として響板だけではなくピアノ全体を湿気から守る効果も期待できます

ピアノ防湿器ダンプチェイサー(25W)は5年保証がついて、製品代と取付費込みで
¥23,000(材工共)になります。

ピアノ防湿器ダンプチェイサー

関連リンク : 調律を安定させる為に
関連リンク : ピアノ調律後のピッチ変動と湿度の関係

ダンプチェイサーについてのご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。