Home > よくある質問 > 調律するのに適した季節はあるの? > ピアノの調律を安定させる為に ~湿度管理~

ピアノの調律を安定させる為に ~湿度管理~

ピアノを末永く快適にお使い頂く為に、 また調律を安定させる為には、
ピアノのあるお部屋の湿度を一定に保つことが必要不可欠です。

一般的な国産メーカーのピアノは1年を通じ、湿度を50%程度に保ってあげると、調律やタッチが安定し、ピアノ本体の寿命も延びます。
※欧州メーカーのピアノは、湿度40パーセント台を推奨しているものもありますので、いつも来ている調律師さんに確認してください。

湿度の管理には、目安として湿度計が必須アイテムです。

わりとありがちなのは「エアコンを使用しているから大丈夫」というケース。
エアコンを運転しているという、その事に安心している場合で、実際に湿度計でチェックしていない方も多いです。
いざ、正確な湿度計を設置して、お部屋の湿度をチェックしてみると、さっぱり除湿出来ていなかったという事は割に多いものです。

また、夏場の除湿はしても、冬場の加湿をしていない場合も同様で、冬期に湿度計を設置し値をチェックしてみると、お部屋は過乾燥状態であったという場合も少なからずあります。
体感で湿度をチェックするのは難しいので、やはりある程度正確な湿度計が必要となる訳です。

EMPEX SUPER EX 湿度計

安価で比較的正確ということでの市販品ですと例えば、SUPER EX SENSOR を搭載した、エンペックスの「スーパー EX 湿度計」をご用意頂き、一般的な国産ピアノであれば湿度系の針が年間通じて室温20度、湿度50パーセント近辺を指すように(理想は固定、私は固定を心がけてます)お部屋の湿度をコントロールするように心がけてみてください。

但しここで気をつけなければならないのは相対湿度ですので、室温25度の時、湿度は40パーセント付近を指し室温15度の時、湿度は60パーセント付近を指すでしょうがこれでOKです。

室温25度の時に湿度が40パーセント前後になっているからと言って加湿器による加湿により50パーセントにするとそれは湿り過ぎとなり、室温15度の時に湿度が60パーセント前後になっているからと言って除湿してしまうと乾き過ぎとなってしまいます。

あくまでも基準は室温20度の時に湿度50パーセントです。
(欧州製ピアノの場合、室温が20度の時でも湿度40パーセント程度とする場合があります)

多くの市販の湿度計は、精度の劣るものが多いのですが(5%~15%近くも誤差のあるものがあったりして使い物にならない事も)スーパー EX は、誤差 ±2パーセントと比較的安定しているようです。安価に購入できる市販品としては、まずまずの精度かと思います。

amazonや楽天で購入可能です。「湿度計 スーパーEX」や
「エンペックス スーパーEX」等で探すと
ずらーっと出て参ります。
※スーパーEXセンサーが搭載されていれば、機種はどれでも構いません。お好みのデザインの物をお求めください。

また、湿度計は年月の経過とともに、精度が劣化することが避けられません。その為、3年程度に一度、校正にお出しになるか、新しいものに買い替える事で、より正確な測定が可能になります。

一般的に、梅雨時~夏が終わるまでは、除湿が必要となりますので、エアコンのドライ運転と除湿器(コンプレッサー式)を併用して、湿度を上手に調節してください。
(湿度を50%まで下げる努力をする)
※梅雨時など、エアコンのドライのみですと50%まで下がらないケースも多いです。お部屋が広すぎる等の理由で部屋ごとの除湿が難しい場合は「ダンプチェイサー」等の防湿器をピアノ本体に取付けてしまうのも方法です。

ピアノ防湿器ダンプチェイサー

冬は連日、湿度30%~40%前後となってしまう事も多く、放っておくとピアノはカラカラに乾き、調子を崩しがちです。(ピッチの低下、ロストモーション、各フレンジスクリューの緩み、膠(にかわ)切れ etc...)
概ね11月中旬から3月中旬までは、加湿が必要になります。気化式もしくはハイブリッド式の加湿器をご使用ください。
※スチーム式は結露の原因となる場合もありますので、ご使用は控えた方が良いでしょう。
※冬季、例外的に室温が低くしかし湿度が高いようなお宅の場合、デシカント式の除湿器、もしくはハイブリッド式の除湿器をご使用になると、室温が低くても、しっかり除湿出来ます。

春と秋の晴れている日は、窓を開けて換気してあげるのも良いでしょう。
但し、春や秋でも日によっては、極端に湿度の高い日や過乾燥ぎみの日はありますので、常に湿度計の値を気にかけておいてみてください。
逆に梅雨時~夏場や冬場でも日によっては、快適な湿度の日もございます。このような日は窓を開けての換気も平気です。
基本的には梅雨~夏と冬季の換気は、朝夕短めに行うくらいにしておくのが望ましいです。
雨の日は、年間通じて窓を開け放つのは控えましょう。
※加湿器、除湿器、エアコンに搭載されている湿度計は、割とアバウトな事が多いので、正確な湿度計の値を優先してください。

湿度を一定(50%程度)に保つ目的は大きく2つ。
1つは、響板(きょうばん)や駒の膨張・収縮を抑え、調律(ピッチ)を安定させる為。
もう一点は、ピアノを痛めない(長持ちさせる)為です。湿度をコントロールしていない環境下にあるピアノは短命に終わってしまいます。
精度の良い湿度計、エアコン、除湿器、加湿器は、ピアノを保守管理して行く上で必需品ですので、足りない物は順次ご用意されると良いでしょう。

ピアノは生き物です。故に呼吸しています。
定期的な調律を欠かさない事はもちろんですが、常に気をかけて湿度管理をし、可愛がってあげると答えてくれます。
※一般家庭は、ホールやスタジオではありませんので可能な範囲(在宅時)でピアノを気にかけてあげるだけでも良いでしょう。

次に湿度の変化が、具体的にどのように調律に影響するのかを見ていきましょう。
ピアノ調律後のピッチ変動と湿度の関係

関連リンク : ダンプチェイサー

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 調律するのに適した季節はあるの? > ピアノの調律を安定させる為に ~湿度管理~