Home > よくある質問 > 使わない(弾かない)とダメになるの?

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

使わない(弾かない)とダメになるの?

ピアノは、使わない(弾かない)からといってダメになることはありません。但し使っていない期間も、最低年に1回は調律が必要です。よく「うちのピアノは使ってないから音も狂ってないです」と仰る方がいるのですが、残念ながらピアノは置いておくだけでも少しずつ調律が狂ってきてしまうモノなのです。厳密には、ピアノの調律を終えた直後から、少しずつ狂いはじめています。その為、ホールやレコーディングスタジオでは、使用する度に調律を行っているのです。何年も調律をせずに放置してしまったピアノを再度、調律をして安定した状態にするのはなかなか大変な作業となりますが、ピアノを使わない期間も定期的に調律をしておくことで、またいつでも快適な状態でピアノを弾くことが出来ます。
時々あるのが、ピッチが下がりきった弦を急にピッチ上げした為に、弦が切れてしまうことがあります。しばらく放置したピアノでは断線のリスクも出てきますので、やはりピアノは定期的に調律しておいたほうが、ピアノにも優しいといえます。

定期的な調律(含む整調、整音、修理)は、歯の定期検診や車の定期点検同様、大事に至るのを未然に防ぐために必要不可欠です。

「弾かない」ということは、ピアノ内部(鍵盤~アクション等)の消耗品が消耗しないという事になりますので、ピアノを弾かないという行為=ピアノが痛むという事ではありません。様々な事情で使わない期間があることは構わないかと思います。但し、その期間も湿度は気に掛けておくと良いです。ピアノが快適に過ごせる湿度は、概ね50パーセント程度です。梅雨時~夏季の除湿と冬期の必要に応じての加湿(ハイブリッド式加湿器推奨)を怠らないことが重要です。ピアノを使っていない期間は、たしかに消耗部品は消耗しませんが、多湿や過乾燥だったりしますとフェルトや木部にダメージを与えてしまいます。また、センターピンとブッシングクロスの固着なども懸念されますので、ピアノをご使用にならない期間も全ての鍵盤を端から端まで叩いて音を出すようにしておくと良さそうです。

せめて年に1回は調律をして、使わないなんて言わずに時々は鍵盤蓋を開けて音を出してあげると、きっとピアノも喜んでくれるのではないでしょうか。

関連リンク : 調律を安定させる為に

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 使わない(弾かない)とダメになるの?