Home > よくある質問 > 暖房ってピアノにはいけないんですよね?

良くある質問(ピアノにまつわる質問集)一覧

暖房ってピアノにはいけないんですよね?

暖房そのものがピアノに悪影響を与えることはありません。寒い部屋でピアノを弾くのは手が冷たくなって辛いですからね。暖房の風を直接ピアノに当てない、暖房器具とピアノの距離を 出来る限り確保するようにすれば大丈夫です。その際、急激な温度変化をピアノは非常に嫌いますので 可能であれば少しずつ暖めてやる配慮も忘れずに。緩やかな温度変化でしたら、さほど調律に影響を与えません。好ましくないのは、例えばガスファンヒーターやエアコン等の強力な暖房器具で、室温10℃くらいの部屋を短時間で20℃以上にしてしまうような暖め方です。短時間での急な温度変化はピッチを変動させてしまいますし、場合によってはアクションのスティックの原因ともなります。そういった点ではオイルヒーターのように、じわじわと暖めてくれる暖房機具が扱いやすいですし、調律の安定の点でもお勧めです。

また電熱棒をオレンジ色に光らせるタイプの電気ストーブは、かなり空気が乾きますので、同時に加湿なさると良いかと思います。加湿の際は、ハイブリッド式及び気化式の加湿器をご使用になれば、比較的結露の心配をすること無く加湿することが出来ます。

関連リンク : 調律を安定させる為に

ピアノ調律に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > よくある質問 > 暖房ってピアノにはいけないんですよね?