Home > ピアノ用語集 L

ピアノ調律に関する用語集

A B C D E F G H I
J K L M N O P Q R
S T U V W X Y Z  

Let off(レットオフ)

「接近」とも言います。鍵盤をそぉーっと下ろしていくと、ハンマーは弦に当たる直前で弦から離れます(脱進、エスケープメント)。一般的には、ハンマーが弦の手前 2~4mm 程度のところまで来た際に、ジャックが脱進しハンマーが解放されるよう調整します。低音側は広めに、高音側は狭く調整します。グランドピアノでは1mm程度まで詰められるものもありますが、あまりにレットオフが狭いと、逆につまった音色になったり、弦が切れやすくなる場合もある為、季節変化等も考慮し、ピアノと使用環境に合った最適な値に調整する必要があります。鍵盤を非常に弱く下ろした際に音が出ないのは、この動作によるものです。

Lost motion(ロストモーション)

「から」とも言う。鍵盤とアクションの間に出来る隙間のこと。これと逆の状態を「突き上げ」という。特に日本の場合、四季の変化(温度・湿度)が激しいので、それにともなって調整が必要になる。対策として、梅雨~夏季の「除湿」或いは、冬場の加湿が重要です。長期にわたり調律されていないピアノでは、「から」や「突き上げ」が極端に多い状態になっていたりする場合があります。私は師匠に「からは万病のもと」と教わりました。

調律の出張に関するご質問は、
お気軽に渡辺宛 info@piano-tokyo.jp までお問い合せください。

Home > ピアノ用語集 L